弥富金魚 令和最初の初市=上田潤撮影
[PR]

 全国有数の金魚生産地、愛知県弥富市の東海観賞魚卸売市場で8日、令和最初の金魚の初市が開かれた。

 競りにかけられたのはランチュウやデメキンなど35種類約25万匹。品種ごとに金魚が入った「かんこ」と呼ばれる木枠の舟が水路を流れると、全国から集まった仲買人が次々と競り落としていった。

 今年は金魚すくい用品種の値が低調だった。弥富金魚漁協の伊藤恵造組合長は「昨年の台風や水害で祭りが減ったことが、初市にも影響している」と話した。(上田潤)