ほぼ全職員の情報流出、弘前市が刑事告発 学歴や給与

佐藤孝之
[PR]

 青森県弘前市は8日、職員2747人分の個人情報を同市職員が流出させたとして、職員を特定しないまま被疑者不詳として地方公務員法違反(守秘義務違反)の疑いで県警に刑事告発した。学歴や給与などの内部データを添付した匿名のメールが昨年12月12日、地元紙の東奥日報社に届くなどし、市が内部調査を進めていた。

 赤石仁総務部長らが弘前署に告発状を提出し、受理された。

 流出したのは、同市人事課の共有サーバーに保存されていたデータで、2017年度の非常勤を含むほぼ全職員分の氏名や住所、最終学歴、給料など約70項目。市の内部調査で被疑者の特定はできなかったが、外部からの侵入形跡などは確認できず、関係職員への聞き取りを踏まえ、職員が関与したと判断した。(佐藤孝之)