【動画】レバノンで記者会見する日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告=恵原弘太郎撮影
[PR]

 世界の注目が集まるなか、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が8日、逃亡先のレバノンで初めて、公の場に姿を現した。自ら設定した記者会見で繰り返したのは、日本の司法制度への批判と、自らの正当性だった。

 ゴーン前会長は会見予定時間の10分前の8日午後2時50分(日本時間8日午後9時50分)ごろ、赤系のネクタイを締めた黒っぽいスーツ姿で、妻キャロルさんとベイルートにある会見場に入った。室内を埋めた100人以上の報道陣を見渡し、笑みを浮かべた。

 質問を受けるのに先立ち、ゴーン氏は1時間以上にわたり、身ぶり手ぶりをまじえ、険しい表情で自らの声明を述べ続けた。「検察官から『あなたが自供すればすぐに終わる。自供しないなら、家族も追い回すことになる』などと繰り返し言われた」などと述べ、東京地検特捜部を批判。「逮捕された2018年11月19日以降、自由を感じる瞬間がなかった」「希望の見えない気持ちが大きかったが、無実を示すために闘ってきた」と語った。自らを支えてくれた関係者らに感謝の意を述べ、一部の記者から拍手が起きる場面もあった。

 会見に参加した報道機関は、1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら