[PR]

 「日本で死ぬか、出て行くかだ」。日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)罪などで起訴=は8日、レバノンの首都ベイルートでの記者会見で、日本からの逃亡を決めた際の追い詰められた心境をこう表現した。日本の刑事司法制度への絶望感や日産を立て直した強烈な自負を雄弁に語るのとは裏腹に、日本からの脱出方法については歯切れの悪さが目立った。

 「すべての嫌疑について私は無実だ」「正義から逃げたのではなく、正義がほしい。それが名声を取り戻す唯一の手段だから」。ゴーン前会長は、会場の部屋を埋めた12カ国の報道機関の100人以上のジャーナリストを前に自らの潔白を訴えた。

 逃亡の理由については、一昨年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら