[PR]

 組合員の積立金5千万円を着服したとして、警視庁は、住友重機械工業(東京都品川区)などのグループの労働組合連合会元書記、田村純子容疑者(60)=千葉県野田市柳沢=を業務上横領の疑いで逮捕し、9日発表した。2013年以降、積立金口座から田村容疑者の口座へ計約6億4千万円に上る送金を確認。着服を繰り返していたとみて調べている。

 田村容疑者は調べに対し、逮捕容疑のほかにも横領を認めているという。馬術競技用の馬6頭やポルシェの車、エルメスのバッグを所有しており、これらの購入に充てたと同庁はみている。

 捜査2課によると、逮捕容疑は、書記として同労組の会計業務を担当していた13年12月26日、組合員の積み立て年金口座から自身の口座に5千万円を送金して横領したというもの。18年2月に内部調査で発覚し、解雇されたという。