[PR]

 謎めいた名前のパンが、東京大学と京都大学で人気を集めている。特に受験・試験シーズンに売れるという「頭脳パン」。いったい、どんなパンなのか。

 昨秋の昼下がり、東大の本郷キャンパス(東京都文京区)。生協のパン売り場に、ずらり並ぶパンがあった。横に長いコッペパンとはいえ、商品の並ぶスペースはメロンパンなどの定番商品よりも広い。

 パッケージには「頭脳パン」の文字があしらわれ、眼鏡をかけた博士風のイラストが描かれている。味はピーナツやチョコレートクリーム。学生たちが手に取り、購入していった。

 東大消費生活協同組合の職員らによると、正確な記録はないが、このパンを置き始めたのは「20年以上前からと思う」。学生や職員には、おなじみの商品だ。見学に来た受験生らが面白がってお土産に買っていくことも多い。学園祭「五月祭」などの際には、ワゴンに山積みにした頭脳パンが1日100個売れることもあるという。

 買った人に理由を聞いてみた。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら