神谷 誠二郎さん(かみたに・せいじろう=ウエストレーシングカーズ社長)昨年12月29日死去、72歳。葬儀は親族で営んだ。後日、お別れの会を三重県鈴鹿市で開く。

 73年に創業し、独自のデザインのレーシングカー約1300台を製作。第1作の「WEST759」は中嶋悟さんが乗り、F1ドライバーへの道を開いた。09年には約280万円の格安レーシングカー「VITA―01」を発表し、アジアや欧州で約250台を販売した。自動車レースの普及にも情熱を傾け、国内のほかアジアでのレースの立ち上げにも尽力した。