[PR]

 米国とイランの一触即発の危機は、沈静化に向かった。ただ、両国の緊張関係が抜本的に改善する見通しは立たず、米軍がイランの司令官を殺害した正当性にも疑問がくすぶる。トランプ米大統領の外交は、世界を揺るがし続けている。

 「米国はすばらしい軍と装備を持っているが、軍事力は使いたくない。米国の軍事と経済両面の強さが最大の抑止力だ」。8日にホワイトハウスで声明を発表したトランプ氏は、こう語った。

 2016年大統領選で、泥沼化する戦争を終わらせ、米兵を帰還させることを公約に掲げたトランプ氏は、イランとの全面衝突を回避したいのが本音だ。再選を目指す11月の大統領選を控え、その思いはさらに高まっているとみられる。

 米メディアによると、イスラム…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら