[PR]

 日本郵政社長に就任した元総務相の増田寛也氏ら郵政グループ3社長が9日、東京都内でそろって就任初となる記者会見を開いた。かんぽ生命の不正販売に関する総務省の行政処分案を前総務次官が日本郵政側に漏らした問題について、増田氏は「しかるべき調査を行うべく準備を進めている」と述べ、経緯などを調べる方針を示した。

 この問題については、昨年末の記者会見で日本郵政の長門正貢前社長は調査しない方針を示していた。増田氏は記者会見でかんぽの不正販売問題を陳謝したうえで、「今新しい日本郵政グループとして生まれ変わらないといけない時期だ」と述べた。

 また、かんぽ生命の副社長から昇格した千田哲也社長は「現在進めている調査や(顧客の)不利益解消をやり遂げる。信頼回復に何が大切かを見極めながら着実に前に進めて行く」と述べ、不利益を受けた可能性がある顧客らへの調査に全力を挙げる考えを示した。

 日本郵便の衣川和秀社長(前日…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら