拡大する写真・図版 大河ドラマ「麒麟がくる」に出演する長谷川博己=篠田英美撮影

[PR]

 とことん調べたが、捨ててしまった。俳優、長谷川博己(42)はそう話す。

 19日に始まるNHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」、主人公の戦国武将、明智光秀を演じる。実在の人物を演じるときの習慣で、光秀に関する史料や文献をあさったが、調べれば調べるほど、謎は深まるばかりだったという。捨てたあと、見えてきた光秀像とは。

言うときは言う、今の時代に必要

 ――光秀役をオファーされた感想は。

 「すごく面白い題材を主役にしたっていうのが、僕の中ではものすごく興奮していて。楽しみだなと思っていました。戦国大河だが、昔のような王道でありながら、新しさもある。同時代性も感じられるような作品になっているんじゃないかと思っています」

 ――池端俊策さんの脚本の光秀の印象は。

 「光秀はとにかく黙っているんですね。『てんてんてん(…)』が、すごく多い。斎藤道三に何かむちゃなことを言われても、『…』。(道三の娘の)帰蝶に何か言われても、『…』。そこを僕は埋めなきゃいけないので。楽しくもあるんですが、すごく難しいです。ただ、池端先生もおっしゃっていたけど、『本能寺の変を起こした明智光秀から逆算して考えないでくれ』という話なんですね。普通の一人の青年として、物語は始まります」

 ――さきほど「同時代性」という言葉があった。現代人が共感できるような部分もあるのでしょうか。

 「光秀は、今の時代にもしかし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら