[PR]

 戦国武将・明智光秀を主人公とするNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が始まるのに合わせ、光秀ゆかりの地、京都府の福知山と亀岡の両市で11日、光秀の魅力を紹介する展示施設が開館する。9日には関係者を招いた内覧会があった。放映を機に地域を元気にしようと、両市では関係者らが意気込んでいる。(横山健彦、高井里佳子)

福知山にミュージアム

 光秀が築いた福知山城(福知山市)の天守閣そばにある市佐藤太清記念美術館2階では、「福知山光秀ミュージアム」がオープンする。来年1月11日まで無休。明智衆の決まり事を整備した御霊神社(同市)所蔵の「明智光秀家中軍法」や、唯一の肖像画とされる本徳寺(大阪府岸和田市)の明智光秀画像をはじめ、なかなか公開されない資料の原本など約100点を10期に分けて展示する。

 ミュージアムは光秀の魅力を伝…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース