[PR]

 イラクの米軍駐留基地へのイランによるミサイル攻撃を受け、トランプ政権は10日、イランの高官らや産業に対する経済制裁を発表した。トランプ大統領は9日、ホワイトハウスで記者団に「これまでも厳しい制裁を科してきたが、大幅に引き上げられる」と語った。

 トランプ氏は8日、イランの攻撃が限定的で人的被害も出なかったことから、軍事的な報復ではなく経済制裁で対応する方針を表明した。「強力な制裁はイランが態度を変えるまで続く」と述べ、米国が離脱した核合意に代わる新たな合意に向けた交渉に応じるよう、イラン側に求めた。(ワシントン=渡辺丘)