[PR]

 奈良県吉野町の金峯山寺節分会に合わせた「鬼フェスin吉野山」が18日から2月9日まで開かれる。2月8日には県内6寺社の「鬼」が吉野山中千本エリアに集う「鬼の夜会」も昨年に続いて催される。

 鬼フェスでは、12の旅館・民宿が1月18、25日、2月1、8日の各土曜日に、1泊2食付きプラン「鬼さんこちら」(1人1万3千~9千円、小学生半額)を用意。希望すれば部屋に「鬼」が現れ、子らを驚かす趣向だ。チケット(1冊5枚で3千円)で食事や土産物購入を楽しめる「鬼バル」も土・日曜を中心にエリアを変えて開催される。

 鬼の夜会は8日午後5時から。集まるのは大和神社(天理市)、興福寺、大安寺(奈良市)、朝護孫子寺(平群町)、長谷寺(桜井市)、金峯山寺の鬼で、それぞれ特色ある衣装で参道を練り、金峯山寺境内で所作を披露し合う。

 問い合わせは鬼フェスが吉野山観光協会(月水金曜、0746・32・1007)、鬼の夜会は吉野ビジターズビューロー(平日、0746・34・2522)。(福田純也)