[PR]

 10日午後4時10分ごろ、名古屋市天白区塩釜口1丁目の名城大学天白キャンパスで「教員が刃物で刺された」と警備員から110番通報があった。同大教員の男性(40)=同市名東区=が首などを刺されて病院に搬送されたが、命に別条はないという。愛知県警は、近くにいた住所不詳、同大学生の野原康佑容疑者(22)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は10日午後4時5分ごろ、研究実験棟1階にある研究室で、被害男性の首などをはさみで突き刺したというもの。野原容疑者は「(被害男性が)逃げたので殺せなかった」という趣旨の供述をしているという。

 捜査関係者などによると、野原容疑者は同大理工学部の3年生で、被害男性は同じ学部の准教授。授業のリポートをめぐり、トラブルがあったとみられるという。

 ホームページによると、名城大は学生数が約1万5千人。名古屋市に三つのキャンパスがあり、天白キャンパスには法学部や理工学部など5学部がある。