[PR]

 プロ野球西武の山川穂高選手が10日午前、那覇市役所に城間幹子市長を表敬し、昨年11月に埼玉県所沢市で開かれたファン感謝祭で集めた首里城再建に向けた支援金60万5176円を託した。山川選手は個人でも市に首里城再建費として500万円を寄付している。

 山川選手は「火災があったすぐ後にどうにか力になりたいと考えた。これから僕がもっとプロで活躍すれば沖縄のみなさんの力になれることもあると思う。頑張っていきたい」と語った。

 城間市長は「沖縄への思いを原動力に2020年もご活躍いただきたい。再建に向けてしっかり活用できるよう県にお渡しすることをお約束します」と感謝した。(沖縄タイムス)