[PR]

 成人の日(13日)を前に、石川県内で11日、令和初の成人式が始まった。この日は、川北町と金沢市の一部で開かれた。

 川北町の町文化センター(同町壱ツ屋)では、華やかな振り袖やはかまを着飾った新成人67人らが参加。旧友との再会を喜んだ。

 式では新成人を代表し、大学生の吉野亜里咲さん(20)が「成人としての自覚を持ち、時代を築き上げる力になる。今まで支えてくれた両親や地域の人に感謝します」と謝辞を述べた。成人宣言は大学生の山先鴻之介さん(20)が務め「選挙や交通安全など、成人として絶えず自己啓発に励む」と誓った。小学校の恩師からのメッセージなどを収録した、新成人自作のムービーも上映された。

 県教委によると、県内の新成人(1999年4月2日~2000年4月1日生まれ)は1万2916人(男性6825人、女性6091人)で、前年より約90人増えた。県内の式のピークは12日で、加賀市では4月5日、津幡町では8月15日に予定されている。(木佐貫将司)