[PR]

 ノルディックスキー・ジャンプのワールドカップ(W杯)の女子は11日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場(HS137メートル)で個人第4戦が行われ、平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が1回目に126メートル、2回目に132・5メートルを飛んで、日本勢最高の4位に入った。伊藤有希(土屋ホーム)は9位。

 18歳のマリタ・クラマー(オーストリア)が1回目131メートル、2回目135メートルで、W杯初優勝を飾った。

■高梨「伸びしろあると信…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら