[PR]

 茨城県常陸太田市の竜神大吊橋(おおつりはし)で11日、今年成人式を迎える市内の10人が日本一高いバンジージャンプに挑戦し、渓谷に絶叫がこだました。

 参加者は着物や中学時代のジャージー、野球のユニホーム姿などで挑戦。「親孝行をするぞー」「かっこいい大人になるぞー」など、緊張した表情で新成人の抱負を叫んだ後、約100メートル下のダム湖面に向けて飛び降りた。

 振り袖を着て挑んだアパレル会社の富岡明恵さん(20)は「もう一回飛びたい。楽しかった。これからも好きな仕事を頑張りたい」。着物姿の茨城大2年の有賀雅哉さん(20)は「最初は怖かったが、飛んだ後は気持ちよかった。責任感のある大人になりたい」と話した。