拡大する写真・図版 生物・山口学先生

【受験生へ】

 センター試験本番までに間違った問題を再度確認しよう。間違いの原因が知識不足なら覚えればいいし、考え方の間違いなら本番で同じ間違い方をしないようにすれば確実に点数は伸びます。また、入試本番まで教科書を読み直すことで、文章の読解力がつき、重要単語も覚えられます。本番まで教科書を読むようにしましょう。

 試験前日はいつも通りに過ごすことが大事です。前日も今まで解いた問題などの復習を中心に間違えた知識を確認し、解けなかった問題を解き直しましょう。「ここまで頑張ったんだから明日はきっと大丈夫!」と自分に言い聞かせ、自分を信じることが、「自信」につながります。

 ただセンター試験は通過点で、ゴールはまだ先です。試験後は1日でも早く気持ちを切り替え、私大・国公立二次に向けて早速勉強しましょう。諦めたらそこで試合は終了です。最後の最後まで少しでも点数が上がるように頑張りましょう。

    ◇

 山口学(やまぐちまなぶ)先生

 「生物の楽しさを教えたい」という熱き夢を持ち、時には笑いとユーモアを交えた講義は、多くの生徒から大好評。整理されたきれいな板書は、授業後の復習にも役立ち、生命現象の理解を深めてくれる。生命現象の生じる理屈を追求した授業であると同時に、生物の面白さを体感できるはず。    ◇

 高1生・高2生へのアドバイスはこちら(http://www.toshin.com/news/advice.html別ウインドウで開きます 別ウィンドゥで開きます)(東進ハイスクール提供)

こんなニュースも