[PR]

 愛犬と散歩をしながら地域パトロールに貢献する大分県国東市の「くにさき見守り隊『わんわんパトロール』」が、発足から丸1年を迎え、今月11日に同市内で記念集会を開いた。愛犬家と飼い犬の11ペアで始めたメンバーは、この1年で約30ペアまで増加。行方不明となった高齢者を見つけるなどの事例もあったという。

 道に迷っている人がいたり、いつも見かけない人がいたり……。毎日の愛犬との散歩でも、小さな変化や異変に気づくことがある。「それを地域パトロールに生かせないか」と、主に認知症高齢者の安全確保への貢献を目的に、見守り隊は結成された。

 市地域包括支援センターによると、認知症は誰にでも起こりうる脳の病気で、市内では高齢者の5人に1人が認知症と推計されている。市の人口は2008年をピークに減少。一方で高齢化率は高まり、16年には4割を超えた。地域の安全を守るには、認知症についての知識は欠かせない。

 メンバーになると、「認知症サ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら