[PR]

 政府への抗議活動が続く香港でも、台湾総統選への関心は強かった。

 11日夜、野党・国民党の韓国瑜氏が敗北を認めると、多くのニュースサイトが速報で伝え、「台湾は『一国二制度』を受け入れなかった」などと報道。香港紙「リンゴ日報」は「中国政府の今後の台湾政策は、(今年行われる予定の)香港の立法会(議会)選挙にも影響するだろう」との学者の分析を掲載した。

 香港の民主活動家、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏はツイッターで「今夜は香港人にとっても貴重な瞬間だ。香港と台湾は中国の圧力と戦う最も身近な盟友であり続ける」と投稿した。(北京=高田正幸)