[PR]

 成人の日を前に、備後地域の多くの自治体で12日、成人式が行われた。このうち、福山市松浜町2丁目のふくやま芸術文化ホール「リーデンローズ」で開かれた同市の式には約2800人が参加。新たな門出を喜び、大人の自覚を認識した。

 式では、主催者を代表して枝広直幹市長が祝いの言葉とともに「これからは社会人としての判断と責任において行動することが求められます。大人としての自覚を大切にしてください」と伝えた。

 新成人を代表して、川崎淳之介さん(20)=福山市立大=と高橋和(あい)さん(20)=立命館大=の2人が登壇し、枝広市長を前に「これから始まる新しい時代を切り開くため、何事にも挑戦する気持ちを持ち続けることを決意します」と「誓いのことば」を述べた。

 会場外には酒類のびんや缶、たばこの吸い殻がポイ捨てされている様子も一部に見られたが、以前に全国各地で社会問題となったような大きな混乱はなかった。(燧(ひうち)正典)