[PR]

 J2のヴァンフォーレ(VF)甲府は12日、甲府市内で新体制を発表した。新しいスローガンに「AGGRESSIVE(アグレッシブ)」を掲げ、4年ぶりのJ1昇格を目指す。

 今季に向けたチーム編成では世代交代が進められ、9人が加入した。外国人選手は、残留のFWドウドゥ(29)のほか、岐阜に期限付き移籍していたFWジュニオールバホス(26)が復帰。身長190センチのラファエル(36)を獲得した。ともに経験豊富な福岡からFW松田力(28)と鳥栖からDF藤田優人(33)も加入した。

 一方で、昨季、20得点を挙げたチーム得点王のFWウタカ、主将のDF小出悠太、MF曽根田穣らが他チームへ移籍した。

 2季目となる伊藤彰監督は「年間を通してしっかりアグレッシブに戦い、サポーターや県民のみなさんとともにJ1昇格を目指して頑張りたい」と抱負を述べた。(田中正一)