[PR]

 第28回全日本高校女子サッカー選手権大会の決勝が12日、神戸市のノエビアスタジアム神戸であり、藤枝順心が神村学園(鹿児島)を1―0で下し、2大会ぶり4度目の優勝を果たした。地元藤枝市では市民らが試合を見守り、優勝が決まると喜びを爆発させた。

 決勝は1点を争う好ゲームとなった。前半は一進一退の攻防を繰り広げ、GK松井里央(3年)の好守などで無失点で切り抜けた。

 積極的な攻撃が目立ち始めた後半15分、右サイドを攻め上がったFW池口響子(3年)が放ったシュートがゴールに吸い込まれ、先制。その後は主将のDF長江伊吹(3年)を中心に1点を守り切った。

 多々良和之監督は「(過去の)…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら