[PR]

 ウクライナ機撃墜事件へのイラン政府の対応をきっかけに市民の不満と怒りが噴き出した。問題の早期収拾に失敗した形で、反政府デモは拡大しそうだ。米国もここぞと揺さぶりをかけ始め、今後が見通せなくなっている。

 「独裁者に死を」

 旅客機への誤射を機に、イラン各地で市民の批判は最高指導者ハメネイ師にまで向き始めた。

 自国民が多数犠牲になりながら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら