[PR]

 中国外務省の耿爽副報道局長は12日、台湾総統選で蔡英文(ツァイインウェン)氏が再選を果たしたことに祝意を表明した日本、米国、英国などに対し厳正な抗議を申し入れたことを外務省のウェブサイト上で明らかにした。

 耿氏は「台湾の選挙は中国の一地方の問題だ。関係国は『一つの中国』原則に違反しており、強烈な不満と断固反対を表明する」としたうえで、「台湾問題は中国の核心的利益だ。台湾の独立勢力に誤った信号を送らないよう求める」とコメントした。

 日本は、茂木敏充外相が選挙結果を受けて11日夜に「民主的な選挙の円滑な実施と蔡氏の再選に祝意を表する。台湾は我が国にとって、基本的な価値観を共有し、緊密な経済関係と人的往来を有する重要なパートナーであり、大切な友人だ」などとする談話を出していた。(北京=冨名腰隆)