[PR]

 楽器販売「ヤマハミュージックジャパン」(東京都港区)の管楽器情報などを発信するツイッターが11日夜、楽器ケースに入らないよう注意を呼びかけた。レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が楽器や音響機器の箱に隠れて不法出国したと報じられており、それを念頭に置いた注意喚起として話題になっている。

 呼びかけたのは「ヤマハ・ウインドストリーム」のアカウント。「理由については触れませんが」と前置きした上で、楽器ケースに人が入ることに関連するつぶやきが散見されると指摘。「不幸な事故が起きてからでは遅い」と懸念を示し、「そのようなことをしない、させないように皆さんで注意し合ってください」と訴えた。

 呼びかけは12日夜までに4万件以上リツイートされ、「ゴーンごっこ注意」「酸欠等で人命に関わる」といったコメントとともに拡散された。反響を受け、「ケースは楽器や音響機器を収納するために設計されています。正しくご利用ください」と改めて呼びかけた。

 ゴーン前会長は先月31日、レバノンに逃亡したことが判明。米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、箱の底には空気を取り込めるよう複数の穴が開いていたという。(酒本友紀子)