写真・図版

[PR]

 米国とイランの対立で地域の緊張が高まるなか、米軍が駐留するイラク中部のバラド空軍基地に12日、8発のロケット弾が撃ち込まれた。イラク軍によると、イラク兵ら4人がけがをしたという。イランの革命防衛隊司令官が米軍に殺害されて以来、中東各地の親イラン勢力による報復攻撃が強く懸念されてきた。

 バラド空軍基地は首都バグダッドの北約80キロに位置し、8日にイランが攻撃した基地とは異なる。AP通信によると、米イランの緊張激化を受け、米軍関係者はバラド空軍基地から退避していたという。

 イラクでは、今月3日にイラン…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら