[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は、衆院議員の秋元司容疑者(48)を贈賄側の中国企業「500ドットコム」側からの別の収賄容疑で再逮捕する方針を固めた。講演料や中国の本社訪問の旅費などの名目で計三百数十万円の賄賂を受け取った疑いがあるとみて、勾留期限の14日にも再逮捕する。最初の逮捕容疑と合わせて、賄賂の総額は約700万円にのぼる見通し。

 秋元議員は2017年8月4日、「500」社が那覇市で開いたIR誘致のシンポジウムで、同社の最高経営責任者とともに講演した。関係者によると、同社側は秋元議員が3日後に内閣府の副大臣に就任することを知り、50万円の予定だった講演料を200万円に増額。200万円は秋元議員の元秘書が代表を務める都内の芸能会社「ATエンタープライズ」に振り込まれていたという。

 シンポから4カ月後の12月には、秋元議員は「500」社が準備したプライベートジェットで、広東省・深圳の同社本社を訪問。経営トップと面会したほか、同省と隣接するマカオのカジノも視察したという。特捜部は、中国訪問に同行した自民党の白須賀貴樹・衆院議員(44)と勝沼栄明・前衆院議員(45)の地元事務所も捜索し、任意で聴取している。

 特捜部は、「500」社側がI…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら