山形)大石田ロケの映画、海外映画祭巡り県内に「凱旋」

有料会員記事

西田理人
[PR]

 大石田町や山形市でロケをした日中共同制作映画「コンプリシティ 優しい共犯」の上映が、17日から県内の映画館で始まる。昨年12月、試写会などでロケ地の県内に「凱旋(がいせん)」した近浦啓監督(42)は、山形への感謝の思いを語った。(西田理人)

 作品は近浦監督の長編デビュー作。日本の研修先から失踪した技能実習生の中国人青年が、逃亡先の田舎のそば店で働くことになる物語で、店主との交流や心境の変化を描く。主演は中国で活躍する俳優、ルー・ユーライさん。そば店主を藤竜也さんが演じる。

 2017年夏の大石田町のロケでは、空き家を改装して古民家風のそば店を作り、町民もエキストラとして参加。花火大会やそば畑、有名団子店など町の風景も劇中に取り込んだ。

 藤さんは町のそば職人2人の…

この記事は有料会員記事です。残り1966文字有料会員になると続きをお読みいただけます。