[PR]

 バドミントン男子シングルスの桃田賢斗選手(25)=NTT東日本=が13日、訪問先のマレーシアで巻き込まれた交通事故について、日本バドミントン協会は桃田選手のけがは全身打撲だったと発表した。そのほか、唇、みけん、あごに裂傷を負っているという。現地の情報では鼻骨骨折と発表されているが、協会が現地にいるコーチを通じて連絡をとったところ、骨折は確認されていないという。

 日本選手団の負傷者は3人で、同乗していた日本ユニシスの平山優コーチは右すねなどにけがを負った。森本哲史トレーナーは右前腕を骨折し、脳振盪(しんとう)の症状もあるという。

 協会などによると、交通事故が起きたのは13日の現地時間午前5時ごろ。宿泊先のホテルからクアラルンプール国際空港に移動していた際に桃田選手らが乗っていた車が前方を走っていたトラックに衝突した。同乗していたのは日本人を含めて5人で、運転手が死亡。世界バドミントン連盟の技術スタッフもけがをしたという。

 桃田選手は12日にあったマレーシア・マスターズで優勝。下肢に炎症があったため、14日からのインドネシアマスターズには参加せず、帰国する予定だった。(照屋健)