[PR]

 時代劇「必殺シリーズ」で人気を博した俳優京本政樹さんを起用した三重県四日市市のプロモーション映像の第2弾「続・必見 四日市」が完成した。市が14日の定例会見で報道陣に公開した。ユーチューブでの公開は17日からで、市のチャンネルに10分の本編と、30秒のダイジェスト版をアップロードする。

 2年前に制作した第1弾に続き、時代劇の要素を取り入れた作品に仕上げた。主演の京本さんに加えて、歌手の泉谷しげるさんらが新たに出演。自然豊かな風景が広がる市西部を中心に撮影し、産業都市以外の側面を紹介する内容になっている。市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」も登場する。

 県外でもPRするため、今年の夏休み期間には、名古屋市の映画館での広告上映(シネアド)や、東京都内での街頭ビジョンでの上映を予定している。

 森智広市長は「前回の本編は3分強だったが、今回は10分と見応えのある作品になった。何度も見てもらい、四日市の魅力を知ってほしい」と話した。(黄澈)