拡大する写真・図版写真館があった場所でカメラを構える須佐光浩さん=2019年12月23日、兵庫県西宮市、小宮路勝撮影

[PR]

阪神大震災25年「あの日まで あの日から」

 年明け、街の写真店主は卒業アルバムの制作で慌ただしい日々を送る。25年前もそうだった。ただ、あの大震災がそれを阻んだ。仕事を引き継いだのは、同じ写真の世界に進んだ息子だった。東北の被災地にも足を運んだ。父が残した仕事はもう終わったと思っていたが――。

 新年が明けるころには毎年、卒業アルバムの制作に追われる。兵庫県西宮市の阪神甲子園球場近くに写真店「スサフォトスタジオ」を開いて30年近く経つ。

 1995年1月16日夕。

 還暦を迎えたばかりの須佐巌(いわお)さんは、市内の自宅に戻るとこたつに入り、持ち帰った仕事に向き合った。

拡大する写真・図版須佐巌さん(須佐光浩さん提供)

■真剣勝負の「写真道」歩…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら