[PR]

 トランプ米大統領をめぐる「ウクライナ疑惑」の渦中にあるガス会社が昨年、ロシア軍からハッキング攻撃を受けていたと米国のセキュリティー会社が明らかにした。米メディアは、11月の米大統領選に介入するための情報を探していた可能性を指摘している。

 セキュリティー会社エリア1の報告書によると、標的にされたのはウクライナのガス会社ブリスマ・ホールディングスやその子会社。昨年11月初旬から、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)が従業員になりすましメールを送りつけて偽サイトに誘導し、メールアカウントにログインするためのIDやパスワードを盗もうとしたという。エリア1の創設者はニューヨーク・タイムズに「攻撃は成功した」と語り、ハッカーがブ社のサーバーに侵入したと述べた。

 ブ社は、大統領選に向けて民主…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら