[PR]

 14日午後3時55分ごろ、上信越道上り線の藤岡パーキングエリア(PA)付近で、自転車が逆走していると110番通報があった。群馬県警高速隊によると、通報から約10分後、上り線の路肩を吉井インターチェンジ(IC)方向へ、一般的な日常生活用の自転車で逆走する60代男性を隊員が発見した。男性は「間違えて高速道路に入ってしまった」などと話したという。

 この影響で、上信越道上り線は吉井ICと藤岡ジャンクション間が10分間にわたって通行止めになった。通報があった付近の藤岡PAは、一般道からも利用できる道の駅「ららん藤岡」と一体になっており、高速隊は男性がPAから上信越道に入った可能性があるとみて調べている。