拡大する写真・図版中国企業「500ドットコム」の本社オフィスが入るビル=2019年12月19日、中国・深圳市、平井良和撮影

[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部が14日、秋元司衆院議員(48)の再逮捕に踏み切った。賄賂の総額は700万円を超える見通しだが、秋元議員は否認を貫く。週明けには国会が始まり、事件やIR政策についての議論が本格化しそうだ。

 「秋元議員に金が渡っていたという証拠を十分そろえることができた」。秋元議員を再逮捕した14日、検察幹部は捜査に自信を見せた。

 鍵となったのは、収賄罪で在宅起訴された豊嶋晃弘・元政策秘書(41)が2017年6月まで代表だった東京都内の芸能会社「ATエンタープライズ」の実態解明だった。同社は秋元議員がかつて顧問を務めるなど深い関わりがあった。

 特捜部がAT社の資金の流れを…

この記事は有料会員記事です。残り2782文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2782文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2782文字有料会員になると続きをお読みいただけます。