[PR]

 2017年のクリスマスイブに大阪府箕面市の集合住宅で当時4歳の長男に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた母親の筒井麻衣被告(28)に対する裁判員裁判の初公判が15日午前、大阪地裁(大寄淳(おおよりじゅん)裁判長)で始まった。筒井被告は「私自身の暴行によって生じたものではありません」として起訴内容を否認した。

 起訴状などによると、筒井被告は、17年11月から同居していた当時の交際相手の松本匠吾(しょうご)受刑者(26)=同罪などで懲役10年の実刑確定=と知人の大倉敏弥受刑者(22)=同=と共謀。同12月中旬ごろから、筒井被告の長男歩夢(あゆむ)ちゃんと当時2歳の次男に暴力を振るい、同月24~25日に歩夢ちゃんの腹を殴って死亡させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、筒井被告が同年11月中旬~12月上旬ごろまで歩夢ちゃんと次男に暴力を振るって「これがうちのやり方」と両受刑者に説明したと主張。その後両受刑者に歩夢ちゃんらへの暴行を指示し、24日午後からの暴行で歩夢ちゃんが亡くなったとした。

 一方、弁護側は冒頭陳述などで、筒井被告自身は致命傷となる暴力は振るっていなかったと反論。「両受刑者に息子を殺されてしまった。両受刑者は思いも寄らなかったひどい暴力を振るった。筒井さんは2人(の暴行)を止められなかった」と訴えた。さらに、起訴内容は誰のどのような暴行で歩夢ちゃんが亡くなったのか特定していないとして、公訴棄却も求めた。

 筒井被告は昨年2月の両受刑者の公判で弁護側証人として出廷した際は黙秘していたが、この日の罪状認否では「このような結果が生じたことは責任を感じています」とも述べた。

 箕面市は事件を受け、虐待リスクを判断して児童の保護などを決める市要保護児童対策協議会の実務者会議に警察官と弁護士、大学教授を加えた。18年4月には、虐待の恐れがある子どもとその家庭を支援する専門組織「児童相談支援センター」を開設した。(米田優人、多鹿ちなみ)