[PR]

 全国高校サッカー選手権大会で新潟県勢初の4強入りを果たした帝京長岡高校からは、3人の選手がJリーグに進む。大学でのプレーを予定している選手を合わせた7人が15日、今後に向けた意気込みを語った。

 Jリーグ入りが内定しているのは、DF吉田晴稀(はるき)(J2愛媛)、MF谷内田哲平(J2京都)、FW晴山岬(J2町田)の3人。準々決勝まで無失点と守備でチームを支えた吉田選手は大会を振り返り、「1日1日充実していたし、応援してくれる人たちが増えるのを感じた。優勝で終わりたかったし、今でも悔しい」と心境を語った。「この悔しさを今後のサッカー人生に生かしたい。まずはチームで結果を残し、A代表や海外で活躍できる選手になりたい」

 谷内田選手と晴山選手は、すでに内定先のクラブの練習に参加している。帝京長岡で主将を務めた司令塔の谷内田選手は「まずはスピード感に慣れないと。スルーパスは武器なので見てほしい」とプロ入り後を見据えた。

 選手権大会で4試合4得点を記…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら