鹿児島)ツル渡来地、終日マイカー規制へ 社会実験

有料会員記事

城戸康秀
[PR]

 国内最大のツルの越冬地出水市で渡来地へのマイカー乗り入れを規制する社会実験が2月1日から9日まで行われる。過去3回は週末の日中のみだったが、今年は平日も含めて終日規制するなど取り組みを本格化させる。

 環境省九州地方環境事務所が出水市、同市教委との共催で、マイカー規制とあわせてツルの観光資源化を図る試み。マイカー規制は、荒崎地区と東干拓と呼ばれる地域を対象に、通行できる車両は農作業関係の車などに限定し、住民の車も最短ルートで地域外に出てもらうという。

 観光客については、これまでマイカー利用者に対しツル博物館クレインパークいずみなどから規制エリア内にあるツル観察センターへ有料バスを運行するなどした。今回は観察センター入場などが可能になるチケット(大人500円、高校・大学生300円、中学生以下150円)を販売、観察センターまでの1ルートだけをマイカー利用できるようにする。

 駐車場からは無料レンタルの…

この記事は有料会員記事です。残り854文字有料会員になると続きをお読みいただけます。