[PR]

 出産直後の子育ての悩みを、専門家にスマホで気軽に相談できる仕組みをつくりたい――。女性の心身の健康を支える事業を手がけている佐賀市のNPO法人「poco a bocco(ポコ・ア・ボッコ)」が、こうしたアプリの開発を計画中だ。31日まで、クラウドファンディング(CF)で資金を募っている。

 アプリは、産後の母親と助産師をテレビ電話でつなぎ、授乳や抱っこの仕方、自身の体のケアなどの相談を受ける。

 また、佐賀大医学部が開発したネット教材を活用。「新生児のための沐浴(もくよく)方法」「けんしょう炎予防プログラム」などがあり、助産師が動画を見せながら説明できるようにする。

 計画するのは、元市職員で同法…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら