[PR]

 雨風から農作物を守ったり土木工事現場で使われたりするシートやネットを、景観に配慮して「茶系」に切り替える動きが山梨県内で広がりつつある。「ブルーシート」として知られるように、一般的には青色が多く、目立つために視線が引きつけられてしまうからだ。ただ、商品が割高だったり、そもそも効果が目立たなかったりして導入の動きは遅い。

 景観との調和を考え、県、市町村、民間団体、事業者は2014年、「自然色(いろ)シート・ネット普及研究会」を立ち上げた。

 景観になじむ色として選ばれたのが、ダークブラウンやグレーベージュ。「自然色」と名づけられた。県内企業などがシートやネットを開発し、観光地などで少しずつ活用されている。

 積極的に取り組んでいるのが甲…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら