[PR]

 スチール缶を開ける際の「巻き取り鍵」で知られる「ノザキのコンビーフ」の容器が、70年ぶりに刷新される。販売している川商フーズが15日発表した。設備の老朽化のためで、長年親しまれたパッケージが姿を消す。

 国産コンビーフ第1号として1948年に売り出され、当初は瓶詰だった。2年後、台形に牛のマークをあしらった「枕缶」と呼ばれる今の形に。上部に入っている「鍵」を缶に沿ってくるくると巻いて開ける。

 3月16日からはアルミ箔(はく)と樹脂フィルムの容器に変わり、シールふたをはがすような開け方になる。刷新後も「枕缶」の形をできる限り維持し、牛のマークも残したという。併せて内容量を100グラムから80グラムに減らし、使い切りやすくする。希望小売価格は税抜き395円。(土居新平)