【動画】トミカ発売50周年記念 歴代の1050台勢ぞろい=田辺拓也撮影
[PR]

 ミニカーのトミカが今年、発売から半世紀を迎える。50周年を祝うイベントが15日、東京都内で開かれ、歴代の1050台が集結した。子どもの手のひらに夢を与え続けたトミカの販売台数は累計で約6億7千万台。2秒に1台ほどのペースで売れた計算だ。

 イベント会場に設けられたひな壇には、赤や白、青など鮮やかな色のトミカがずらり。往年の名車から最近人気のミニバンや軽自動車までが勢ぞろいした。

 トミー(現タカラトミー)のミニカーから名付けられたトミカが初めて売り出されたのは1970年8月18日。重量感など本物らしさにこだわり、亜鉛合金から作るダイカスト製にした。外国の車のミニカーが多かった頃に国産車にこだわり、初代は日産のブルーバードSSSクーペやトヨタ2000GTなど6車種だった。

 以来、横幅78ミリの箱に入るという条件を変えることなく、バイクや電車、ヘリコプターなどを含めて計1050種が登場。この間、製造工場は日本から中国、現在のベトナムへ移った。

 現在、店頭で売られているのは…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら