[PR]

 東京都瑞穂町の新庁舎(同町箱根ケ崎)が完成し、今月6日から業務を始めた。町民会館(同町石畑)などに分散していた部署は新庁舎に集約。社会教育課と環境課の一部は、スカイホール(同町箱根ケ崎)とみずほリサイクルプラザ(同)に残る。

 町によると、旧庁舎は1960年の建設。東日本大震災後に耐震性能不足が判明したことなどから、2017年秋から旧庁舎の敷地内で建て替えを進めてきた。新庁舎は鉄筋コンクリート造りの5階(一部3階)建てで、延べ床面積は約6410平方メートル。免震構造で、防災拠点としても期待される。

 町は引き続き、旧庁舎の解体や駐車場の整備などに取り組み、7月にはすべて完了する見通し。(原田悠自)