[PR]

 冬本番にもかかわらず、記録的な暖冬で雪不足が各地で続いている。今後1カ月も全国的に降雪量が少ない状況が続く見込みだ。年明け後もオープンできずにいるスキー場が全国で3割以上に及んでいる。

 気象庁によると、12月の降雪量は平年と比べ、北日本で38%、東日本も26%。西日本では一度も積雪が観測されず、0%だった。北日本と西日本は、1961年の統計開始以来、最も少ない。

 1月15日午後6時現在の降雪量は、札幌市で9センチ(平年比18%)。平年なら23センチの雪が積もる福島県会津若松市でも9センチしかない。スキー場を多く抱える新潟県では、12カ所の観測地点のうち積雪を観測したのがたった2カ所。平年と比べて4~13%にとどまっている。

 気象情報会社のウェザーニュー…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら