[PR]

 参院選で陣営が車上運動員に法定上限を超える報酬を支払った疑いで、事務所や自宅の家宅捜索を受けた河井案里参院議員(自民、広島選挙区)と、夫で前法相の克行衆院議員(自民、広島3区)が15日夜、都内で別々に記者団の取材に応じた。両氏は自民党からの離党や議員辞職を否定した一方、捜査を理由に詳しい説明を避けた。

 2人が公の場で取材に応じるのは、昨年10月に克行氏が法相を辞任してから初めて。克行氏は衆院議員宿舎で「大変ご心配、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」と頭を下げた。そのうえで、「事件として捜査が始まっているので、(詳細について)私から申し上げることは差し控えたい」と語った。離党や議員辞職については「まずは捜査に全面的に協力することが大事だ。そういうようなことは考えていない」と否定した。

 案里氏は参院議員宿舎で取材に応じた。離党や議員辞職について「今そのような考えはない」と否定。20日に召集される通常国会に参考人として出席し、事実関係などを説明するか問われたが、「まずは捜査に全面的に協力して事実を洗いざらい解明してほしい」と述べるにとどめた。