[PR]

 ロシアのメドベージェフ首相は15日、プーチン大統領(67)に内閣総辞職の意向を示した。これを受け、プーチン氏は後任首相にミハイル・ミシュスチン税務庁長官(53)を指名した。プーチン氏は同日、上下両院議員に向け、大統領の権限を弱める憲法改正も提案しており、一連の動きによって、退任後も政界に影響力を保てるようにした可能性がある。

 メドベージェフ氏は辞任の理由を「大統領が必要な判断を下せるようにするため」と述べた。プーチン氏はメドベージェフ氏を国家安全保障会議の議長代理とする考えを示している。

 メドベージェフ氏は08年、連続3選を禁じる現憲法の定めで首相職に回ったプーチン氏の後を受け、大統領に就任。12年に同氏が大統領に復帰してから首相を務めていた。辞任により、11年に及ぶ両氏の「双頭体制(タンデム)」が終わることになる。

 一方、ミシュスチン氏は、10…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら