ナイキ厚底シューズ、規制の行方は 「靴は公平」反論も

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 陸上の長距離界を席巻している米スポーツ用品大手ナイキの厚底シューズは規制すべきか。世界陸連(国際陸連から改称)で議論が重ねられている。15日には英メディアが禁止する可能性を伝え、話題を呼んだ。世界陸連は技術の進化には一定の理解を示しており、着手している新規則発表に注目が集まっている。

 足への負担を減らしつつ、「前への推進力を生む」という触れ込みで、トップ選手からランニング愛好者まで好む「厚底」。年始に行われた箱根駅伝では1~9区で区間賞に輝いた選手全員が履くなど、世界中での広がりは日本でも実感できる。

写真・図版
箱根駅伝の4区で区間賞に輝いた青学大の吉田祐也。足元には厚底シューズが光る=代表撮影

 その厚底が「トップレベル」の大会で消えるかもしれない――。英デイリー・テレグラフ紙などが、15日付で世界陸連が禁止を検討していることを伝えた。一方、英ガーディアン紙は「まだ熟考の段階」とし、一部規制はあっても、全面的な禁止はないとの見方を示した。

 これだけの議論が巻き起こるのは、近年たたき出している驚異的な実績がある。昨年4月のロンドン・マラソンでは、2時間2分37秒の大会新記録で優勝したエリウド・キプチョゲ(ケニア)を含む男子の上位5選手が同社製の最新作を着用。10月のシカゴ・マラソンでは、男女ともに上位3選手が履いており、ブリジット・コスゲイ(ケニア)に至っては、2時間14分4秒で16年ぶりとなる女子世界新記録で優勝している。

写真・図版
リオデジャネイロ五輪の男子マラソンで優勝したエリウド・キプチョゲ(ケニア)=16年8月、諫山卓弥撮影
ここから続き

 開発が大きく進んだのは20…

この記事は有料会員記事です。残り847文字有料会員になると続きをお読みいただけます。