拡大する写真・図版「壁に向かっての素振り、せつなかった……」と織田哲郎さん=東京都内、迫和義撮影

[PR]

 ZARD「負けないで」の作曲などで知られるシンガー・ソングライターの織田哲郎さん(61)は1980年代後半、お昼の人気番組「笑っていいとも!」で卓球部だったと明かし、司会のタモリさんにいじられて話題となった。卓球界が「ネクラ」からのイメチェンに燃えるきっかけの一つになったといわれる。卓球との縁が深い織田さんに、魅力やイメージの変化について語ってもらった。

――卓球との出会いは

 小学5、6年のころです。おやじが旧国鉄に勤めていて、その官舎(東京都目黒区)に、みんなが遊ぶための卓球台があったんです。屋外に1台、ぽつんと。野球とかもするけれど、みんなで卓球をしょっちゅうやるようになって。中でも私は好きだった。

――卓球の楽しさとは

 嫌がらせのうまいヤツが勝つところ。コツンと(卓球台の)端に入れる、みたいなことがすごく快感だったんでしょうね。私はずっとシェーク(ハンド)で、ちょっと長めに持つ方。こっちからガンガンいくっていうより、直線的にくるのをちょっと後ろで構えて、「ほれ」「ほれ」と返すのが好きな。いやらしいプレースタイルでした。

――上手だったん…

この記事は有料会員記事です。残り1993文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1993文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1993文字有料会員になると続きをお読みいただけます。