[PR]

 中国の湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎患者が集団発生している問題で、厚生労働省は16日、武漢市から帰国した後に肺炎の症状で医療機関に入院していた神奈川県内の30代男性を調べたところ、ウイルスの陽性反応が出たと発表した。国内で患者が確認されたのは初めて。

 厚労省によると、男性は3日に発熱し、6日に武漢市から帰国。同日、神奈川県内の医療機関を受診した。熱が引かなかったため、10日から県内の別の医療機関に入院した。国立感染症研究所が男性の検体を調べたところ、15日に新型コロナウイルスに感染したことを確認した。男性は症状が軽快し、同日に退院して自宅で療養している。

 コロナウイルスは動物や人に感染し、風邪や肺炎を引き起こす。武漢市での患者の多くが海鮮市場に出入りしており、市場で取引されていた何らか動物の体液やふんに含まれるウイルスを吸い込んで感染した可能性が指摘されている。ただ、男性はこの市場には立ち寄っていないと話しているという。ただし、現地で詳細がわからない肺炎の患者と生活していた可能性があるという。

 厚労省は、男性の家族など帰国後の接触者の経過観察をしているが、今のところ同様の症状はでていないという。新型コロナウイルスは家族間など限定的なヒトからヒトへの感染の可能性は否定できないが、持続的に感染は確認されておらず、男性から感染が広がる可能性は低いとしている。

 中国国内で新型コロナウイルス…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら